地震に強い大空間の家、SE構法についてご紹介します。

0120-567-216

受付時間:9:00-18:00

fbinstagram

SE工法

メニュー

SE工法 圧倒的な耐震性と大空間を可能にするSE工法 圧倒的な耐震性と大空間を可能にする

木造建築というと“昔ながら”の工法をイメージされるでしょうか?
「SE構法」は大規模木造建築の技術を一般住宅に応用するために分析・開発された最先端技術です。
高い耐震性と大きな空間の両立が大きな特徴です。

耐震性

強度や性能が計算された木材を使用強度や性能が計算された木材を使用

建材

どの場所にどの木材を使用するか。耐震性に優れた住宅構造にするために、強度や性能が科学的に計算された「構造用集成材」を使用しています。
一般的な木材のように強度にばらつきが生まれないため、耐震性能を高めています。

特殊な金物を使用するため木材の欠損が最小限特殊な金物を使用するため木材の欠損が最小限

工事中

柱と梁の接合部に特殊な金物を使うことで、断面欠損を必要以上には生じさせません。一般的な木造工法では接合部に穴を開けますが、それにより強度が落ち、大きな地震の際にはその結合部が壊れたというケースもありました。
SE構法では連続した揺れにも非常に強い耐震性を発揮します。

柱脚金物により基礎と柱の強度を高める柱脚金物により基礎と柱の強度を高める

工事中

大きな地震の際には柱と基礎の連結部分が最も壊れやすい部分と言われています。基礎との繋がりが弱いと柱ごと引き抜かれてしまいます。建物が損傷してしまうので、この柱の引き抜き強度を従来の5倍以上に高めるため基礎と柱を柱脚金物で直接連結させ、耐震性を高めています。

耐震性の高さを裏付ける構造計算耐震性の高さを裏付ける構造計算

工事中

2階建以下の木造住宅では、構造計算は義務化されていませんが、SE構法は構造計算を基に部材や太さを決めていきます。
建物が壊れないように、特殊な金物に加えて構造計算によって数値的な裏付けを用いて設計・施工しています。

木材は指定工場で加工木材は指定工場で加工

工事中

数値的な裏付けを得た木材は、指定のプレカット工場へデータが送られて加工されます。計算通りに加工された木材が建築現場に届き、施工へ移る仕組みです。
数値だけでなく実際に使われる木材も妥協することなく高い品質のものを使用しています。

大空間

ラーメン構造のメリットをもつラーメン構造のメリットをもつ

内観

一般的な木造建築では、耐震性を高めるためにたくさんの柱や壁を使っています。しかし、そのような家は部屋数が多いため開放感はなく、大きな空間を作ることはできません。
そこでSE構法はラーメン構造のメリットである柱や壁がなくても広々とした空間を作ることができる点に着目し、柱と梁をしっかりと接合することで耐震性を高め、大きな空間をつくっています。

必要な壁の一が少ない必要な壁の一が少ない

工事中

SE構法ではラーメン接合だけでなく、耐力壁も使用しています。
壁も合わせて用いることで必要な木材の数を減らし、また耐力壁の強さを増すことで必要な壁の数を減らすと同時に耐震性を落とさず空間を広げることが可能となりました。

構造計算が空間設計をサポート構造計算が空間設計をサポート

工事中

自由に空間を設計するほど耐震性など安全面が不安に思われるかもしれませんが、構造計算で高い耐震性を保ちながら設計を進めることができ、計算された木材を使用して施工していくためその心配はありません。

にいむの杜の家づくり

とにかく健康に暮らして欲しい。でも、どうせなら素敵なデザインの家に住んで欲しい。
そして、ずっと安心して快適に過ごして欲しい。それが『にいむの杜』の家づくりへの想いです。

  • にいむの杜の家づくり
  • 素材・機能・性能
  • SE構法
  • 保険と保証

空気をろ過する家シェド 空気をろ過する家シェド

  • ギャラリー
  • VOICE お客様の声
ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 株式会社にいむの杜. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.