にいむの杜スタッフがお役立ちコラムを更新していきます。

0120-567-216

受付時間:9:00-18:00

fbinstagram

スタッフブログを見る

コラム

メニュー

COLUMN

2021/10/16

  • 家づくりについて

にいむの杜 【家づくりの特徴②】耐震性能(全棟耐震等級3)

にいむの杜 【家づくりの特徴②】耐震性能(全棟耐震等級3) 写真

題して〔耐震性能が高く、設計の自由度も高いSE構法〕

SE構法は、木造住宅の弱みである接合部を金物に置き換え、強度を高めた集成材を使用した耐震性の強い工法です。

一般の軸組みでつくる木造住宅よりも少ない量の耐力壁で家づくりができるため、設計の自由度が高いのも魅力。

【SE構法とは】

SE構法のSEはSafety Engineering の頭文字をとったもの。

文字通り安全性の高い建築技術で、近年は一般的な木造住宅でも採用されております。

【SE構法の仕組み】

SE構法で構造体に使用するのは専用の集成材となります。

しっかりと乾燥して強度を高めた木材を張り合わせたもので、天然木よりも精度が平均化されるといった特性が。

また、柱と梁の接合部にも専用の金物を使うことで強度アップを図っているもの大きな特徴です。

基礎部部jんとの結合も同様に強化されていて。耐震性能に優れた構造体となります。

【SE構法の効果】

木造住宅でもラーメン構造で設計自由度が高い鉄骨住宅の特報の一つとして知られるのがラーメン構造。

これは柱と梁の接合が強固なので、従来的な木造住宅のような筋交いを必票とさず、設計自由度が高くなる。

注文住宅を建てる際、大きな空間がほしいというニーズをかなえるのに役立ります。

SE構法の安全性は構造計算で実証済み

鉄骨住宅よりも安価で、従来工法の木造住宅よりも強い構造体の家が出来ます。

これがSE構法の大きなメリットですが、それを実現する上で、きちんと構造計算による安全性が実証されていることも覚えておきたいポイントです。

広くて大きな吹き抜けのあるリビング、採光と通気に優れる大きな開口窓なども安心して実現できます。

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2018 株式会社にいむの杜. All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.